アバター・タイムズ

意識の探究
第2号

アバターの拡大: ショーの開始です! (全3回:その1)

ハリー・パルマー

picture of Harry Palmer1987年の夏。最初のアバターたちが誕生してから6ヶ月後、妻のアヴラと私は西海岸で最初のアバター・コースを開催するためカルフォルニアに招かれた。そこには11名がコースを受講しようと私たちを待ってくれているはずだったが、到着の直前になって、実はまだ誰も受講料を支払っていないことを知らされた。彼らは皆、まずは私の話しを聞いてから、最終的な決断をしようというのだった。これは私にとって意外なことだった。というのも、私はそんな話は何も用意していなかったからだ。

さらに驚くべきことが、空港で私たちを待ち受けていた。私たちの荷物が積み残されて、まだピッツバーグの空港にあるというのだ。その上、迎えに来てくれた友人の話では、受講見込みの11名に加えて、さらに50名ほどが私の話を聞こうと彼の自宅で待ち構えているという。僕はこれから何を話せば良いのだろう?

そんなわけで、汚れて、汗にまみれ、くたびれた状態で、カルフォルニアのとある居間の丸いすに腰掛けた私は、床に座った60名の見知らぬ人たちに囲まれることとなった。アバターの手順が有効ならば、今こそその力を発揮すべき時だった。私は目を閉じると、一分間かけて自分の疑いの気持ちと緊張感を処理した。その手順を使うと、疑いは全て消えていった。目を開けたときには、私は<無限定の気づき>となっていた。親愛なる皆さん、ご機嫌はいかがですか?皆さんに特別なプレゼントがあるんですよ!

「私はこれから、できるだけ私自身の信念やものの見方を交えないで、アバターがどんなものかお話したいと思います。私がこう申し上げるのは、アバターは皆さんの信念と皆さんのものの見方についてのコースだからです。」  picture of avatar course classroom

誰も微動だにせず、その場はシーンと静まり返っていた!60名の大人と、2人の赤ちゃんと1匹の犬がいるというのに、キッチンの壁掛け時計の音が聞こえるほどだった。ついにはあまりに静かすぎて居心地が悪くなった犬が、押し殺したように吠え、その声に犬自身が驚くような有様だった。私は、話はこれで十分だと感じた。彼らにはわかっている。あとは僕を感じてもらおう。さまざまな信念の下では、私たちは皆、同じ<気づき>の一部だ。それを感じてもらおう。

思考の霧が晴れると、部屋全体がくつろいだ感じに包まれた。全ての背後に存在しているどこかに触れたことで、私たちは友達になったのだ。私たちは愛を感じていた。目には涙が浮かんでいた。やさしく全てを受け入れる微笑があった。僕はこの感じが大好きだ。皆、本当の自分になっている。こころに着込んでいた衣装を脱ぐと、僕たちはありのままの本当の自分になる。皆で一緒に、より大きな運命を共有しているんだ。

 

「皆さんが信じていることが、さまざまな結果となって皆さんの人生に現れます。アバター・コースは、皆さんが経験していることと、その経験を創りだしている信念との関係を見つけるお手伝いをします。

自分自身の意識が教材となっているコースを受講することを、思い描いてみてください。私たちが提供するのは、そうした意識の探検に必要な道具と、白地図、そして精神的な支えです。これは自分自身を探究する冒険ですから、探検する領域は皆さん自身が持ってこなければなりません。

picture of Avatar studentsコースの目的は、自分の信念を意識して創りだす<源>としての意識レベルに、皆さんが戻るのを手伝うことです。その途中で皆さんは、自分が何を信じているかということは、どのように信じているかを知ることに比べれば、さほど重要でないことがわかるでしょう。この場合、意識の器を理解することの方が、意識の中身を理解することよりも重要なのです。中身を空にしましょう!器を創りだしているその巧みな技に感嘆しましょう。

創造の源は、努力なく存在する状態です。これを、一見努力がないように見えて、実は無意識にとってしまう特定の態度やアイデンティティーとは、混同しないでください。創造の源は努力がなく、全てを受け入れる、限定の無い状態です。(願望と抵抗は努力に入ります。受け入れることと味わい愛でることには努力はありません。)この存在の状態からは、皆さんは何でも経験することができ、そして非常に広い限界の中で(無限とさえ言えるかもしれませんが)、経験を思い通りに変えることができるのです。

これが、私たちがアバターと呼ぶ存在の状態です。そして私たちは、この状態を達成するための、とても簡単で効果的な方法を見つけました。経験をつんだマスターの指導の下で行われれば、数日のうちに達成することができます。この存在の状態の感じをつかんで、私たちがコースで教える道具を使うことで、自分の意識を探究する準備は万全というわけです。

...第3号につづく

 

アバターコースの話

それはどう違うのですか?

アバターコースは信念体系というよりはパスポートのようなものです。その使命は信念体系の統合を促す触媒となることです。
students hugging

過去50年間にわたり、多くの信念体系が生み出されてきました --- あらゆる種類の「〜主義」、「〜学」、そして「〜性」の数々です。ほとんど誰にでもお気に入りのものがあり、何の疑いもなく自分が正しい道を進んでいると信じていました。そう、確かにその瞬間はそうでしたが、世界の調和に関していえば、正しい道という考え方はほとんど何の役にも立ちませんでした。不寛容さと分離があなたの信条のしるしとなりました。「私たちの仲間になるか、さもなければお前は敵だ」、「解決策の一部になるか、さもなければお前は問題の一部だ」というわけです。

アバター受講生は、この白か黒かという考え方では埒があかないことを素早く理解します。異なる意識の段階は、成長と発達のための異なる機会を提供するのです。信念体系は監獄という経験ではなく、成長という経験を提供すべきです。アバターはあなたが一つの信念体系を完全に経験して先に進むことを可能にする道具です。

 

ReSurfacing book

リサーフェシング®:
意識を探検するテクニック

ハリー・パルマー著

リサーフェシング(ReSurfacing: 再浮上)とは、これまで創り出してきたことから<自分>を解き放ち、<気づき>へと再び浮上していく行動のことです。

私とは誰か?
私はなぜここに存在してるのか?
私はどこに向かっているのか?

リサーフェシングは これらのとても昔からある謎に対する新しいアプローチ法です。あなたは意識の底にある構造を探究して行くことによって、あなたが見つけて行くのです。

それによって、自分自身の人生がどのような仕組みで機能しているのか、あるいは、なぜ人生が上手くいかないのかについて、新たな洞察や理解が得られます。

¥2,000

並外れた瞬間

アバターの経験とは人生で最高の経験です。私は本当にそれを理解し始めています。私は<自分とはこういう人間だ>と思っていたものとは違います!本当に「私」はどんな創造でもその外に出て、外側から眺めることができますし、またどんな創造の中にでも入って、自ら進んで経験することができます。時にはそれが同時に起こることもあります。

私は今ではかつては「私」だと思っていたものを眺めることができます。すごい!私はこの視点が気に入っています。恐怖は無くなりました。この視点から扱うことのできないものなど何もありません。 -A.G.

 


「もっと良くなっています」 というビデオより

ハリー・パルマーの話

散歩をして、動くものに気づいてください。自分自身に聞いてください。その動きの目的は何ですか?それはどこから来ましたか?それはどこへ向かって進んでいますか?あなたの知覚が時間の中で拡がる経験と、知覚の理解という経験が得られるまで練習を続けてください。

この知覚が時間の中で広がるというのは、予測と呼ばれる意識的能力です。これからやって来ることを予測するという目的で、原因と結果の連なりを未来の方向にたどるのです。それはほとんどの人が持っている自然な能力ですが、多くの人はそれを自動的にやっています。

時間の中で動きをたどるのには、知覚の部分と想像の部分があります。この演台は私がステージに上がってきた時と同じ場所にあるように見えますが、実際には時間の中で前に進んだのです。同じ空間にはありますが、違った時間にあります。もし演台が私と同じペースで進んでいなければ、私はここにいても演台はまだ過去にあることになり、私が寄りかかれるものは何も無くなってしまいます。

link to watch video

ハリー・パルマーによる 「もっと良くなっています」 をご覧ください


お友達をアバター・タイムズに招待してあげましょう

この旅を分かち合いたいと思ったら、ぜひ  お友達に教えてあげてください

students applauding

 

 

全てのコンテンツは©2008 Star’s Edge, Inc. EPCはスターズエッジ社のサービスマークです。Avatar・・・・はスターズエッジ社の登録商標です。全ての権利は同社が保有しています。