アバター・タイムズ

意識の探究
第3号

アバターの拡大: 覚醒さもなければ返金 (全3回:その2)

ハリー・パルマー

picture of Harry Palmer

「コースは3つの部分から構成されています。第一部は知性のためのもので、い わば考えるための材料です。皆さんに必要なのは、聞くこと、読むこと、そしてお望みなら自分の経験したことについてよく考えてみることだけです。第一部は 理解をもたらし、人生のより大きな舞台とつながることができるように創られています。

そして次に第二部の教材で、皆さんは探検を始めます。皆さんの意識の裏庭へ の小さな冒険の旅です。何泊かの泊りがけです!皆さんが既に自分の人生の中で経験していることを上手に管理するために必要な、具体的な能力や道具を使って 練習をします。大冒険に出発する前に、身の回りを整理しておく機会というわけです。

「第二部では、物理的な宇宙を超感覚的に知覚する筋道を明らかにし、その能力を伸ばしていきます。皆さんもすでに何となく気づいているかもしれませんが、これは感じる能力が広がったものです。物理的な接触を必要としない、感覚器官によらない知覚です。これは思考を静め、自分がいるという感覚を劇的に高めます。” picture of sunrise

 

聴衆の中で、一人の手があがった。「それは瞑想のようなものですか?」

「そうであるとも、ないとも言えます。瞑想と同じ種類のこころの静けさが得られますが、それを面白くてもっと効果の速い方法で行います。こころを思い通りに制御し、こころを静める、という点では瞑想と似ていますが、アバターでは苦労したり対決したりせずに遊びながら行うのです。それは金庫のドアを無理にこじ開けるか、ダイヤル番号を合わせて開けるかの違いのようなものです。アバターはダイヤル番号を合わせるやり方です。」皆、このたとえが気に入ったようだ。彼らの多くはこじ開けることに長い時間を費やしていたのだった。

「第二部の別の練習では、価値判断を認識したり、創ったり、変えたりする能力を開発します。これで皆さんは自分の人生のパターンに、本当の意味で目覚め始めます。

私たちが経験することは、自分の価値判断に基づいて経験されています。価値判断とは信念であり、私たちはその信念というフィルターを通して知覚しているのです。2人の人が同じ出来事を全く違った形で経験する場合があります。一人の人にとってはこころに深い傷を残し人生を台無しにするようなことでも、もう一人にとっては取るに足らないことである場合があります。この違いは、2人がその経験にどういう価値判断をしているかによって決まるのです。

この練習の終わりには、どんな経験に対しても本当に価値判断を和らげられるようになります。まるでゆったりとお風呂につかるように、皆さんが抵抗してきた経験の中にすっと入れるようになるのです。身体的状態や人間関係で苦しんでいる方は、この練習をすることで強力な気づきや人生の転機となるような経験が得られます。 

 

image of realizations第二部の教材の最後には、現実を創りだす能力の前に自分で置いているような障壁や障害を取り除くための道具と練習が含まれています。私たちはこれを「人が笑いながら通過するこれまででもっとも挑戦的な経験」と呼んでいます。この練習の後は、微笑み過ぎて顔の筋肉が痛くなるかもしれませんが、この練習は皆さんの創造する能力を高め、存在を管理する能力を回復させます。」

私のこころの中に、この練習の修了後、私に感謝してくれた受講生たちの微笑む顔が思い浮かんだ。彼らの涙にうるんだ瞳は私の記憶の中で特別な位置を占めている。そして練習をやり遂げられずにアバターをインチキだと非難した一人の受講生の怒った顔も、私はいくらか悲しい気持ちで思い出していた。彼は上手くいかない人生に支配されて凍りついたまま、自分では当然だと思う怒りを手放すことができなかった。そう、彼も被害者でいることにあきたら、そのうち戻ってくるだろう。もう少し努力をして、もう少し正直になれば、彼にだってちゃんとやり遂げられる。

この部屋にも慢性的な被害者がいる場合に備えて、私はあらかじめ注意をしておくのが妥当だと感じた。

「第二部での自分の成果に完全に満足していなければ、第三部には進まないでください。第二部での成果不足を補えるようなものは、第三部には含まれていません。もし第三部に進まないで、第二部には自分が支払った受講料に値する価値がなかったと一週間ぐらいの間に判断した場合には、支払った受講料を払い戻すことを私個人が保証します。」私は一人微笑んだ。返金保証付きで目覚めを達成する方法を提供した人なんて、今までにいただろうか? 

…第4号につづく 

 

アバターコースの話

おそらく一番よく聞かれるのは「アバターって何ですか?」という質問ではないかと思います。そこでお聞きしたいのですが、アバターって何ですか?
picture of avatar students

アバターとは現在、過去、未来のあらゆる現実に関することです。これではあまり説明になっていないでしょうが、私ができる最も真実に近い表現なのです。アバターでは創造を扱いますが、創造を私は「空間、時間、または<気づき>の中に限定や限界を持つあらゆるもの」として定義しています。それは宇宙とその中にあるもの全てを網羅しています。

大抵の人はそこまであらゆるものを含んだレベルでアバターに取り組む用意はないので、通常私は信念についての話をします。人は本能的に、自分の信じていることが自分の人生に何らかの結果をもたらすことに気づいています。存在の主なジレンマとは何を信じるかです。それは誰もが直面する哲学的奈落です。それは「わからない」という奈落です。わからないというのは危険なことです。この奈落の縁には信念を売りつける店が並んでいます。店によってはぜいたくに出来ていて、歴史を使って神聖化されています。カルトのスカウト担当が運転するフォルクスワーゲン製のバスでできた店もあります。誰もが信念のプログラムと、「わからない」と言う奈落の向こう側にある真実の国への片道切符を売っています。奈落を渡るための信念でできた不安定な橋が何千とあり、それぞれが少しずつ違う経験へと通じています。

もちろんそこにはアバターの店もありますが、アバターが他と違うのは、そのプログラムが往復であるところです! 

 

並外れた瞬間

アバターとは発見の素晴らしさであり、笑いと歌の場であり、これまで達したことのないような力と自信の感覚です。

人の成長を高めるどんな(そしてあらゆる)テクニックの信奉者として、私はこれも試す気満々でした。ある程度私のプラスになるでしょうが、その先には次のステップとして別のものが待っているだろうと「わかって」いました。

もうそんなことはわかりません。
アバターをやってからは、違った選択が見えるようになり、叉自分が違う風に聞こえるようになりました。もし自分が明日死ぬとしたら、この一週間のコースでの体験は、しばらく生を選ぶのに十分な理由となるでしょう。 –A.G.

信念の管理

ミニコースは無料で
ダウンロードできます

(下記をご覧ください)

あなたがどのような人として観察するかということが、あなたが何を知覚するかに影響します。あなたがどのような人として機能するかということが、あなたに何ができるかに影響します。観察力や能力に一貫性がなくなるのは、この「どのような人として」ということが変わっているからなのです・・・・

1991年アバター・ウィザードコースの講義より

存在のある一つのレベルについては真実と言えることでも、存在の別のレベルでは真実だとは限りません。ある観点からは真実として見えることでも、別の観点からは真実でないかもしれません。宗教、哲学、心理学の世界では特にそうですが、意見の相違や衝突のほとんどは、見られている対象自体が原因というよりも、むしろ見ているレベルの不一致、又は観点の不一致が原因となっています。

存在の一つのレベルでは人生を変化させるのに有効な手法や手順でも、存在の別のレベルでは役に立たなかったり、効果がなかったりする場合があります。

ある観察が正しいかどうかを見極めるには、それを観察した人の視点を知ることが不可欠です。酔っ払いには本当にピンクのうさぎが見えることもあるのです!

アバターの信念を管理する手順は、手順を使用している意識それ自体を直接扱うため、その人が経験している存在のレベルに自動的に適応します。

存在とはこういうものだと私たちが決めている内容を整理して、より具体的な区分やレベルに分類することは簡単にできます。存在を知覚する際の衝撃の強さや確信度によって、別の視点から表現されている同意や願望によって、あるいは存在が知覚されるシステムや方法によって、存在を定義し、分類することができます。私たちには個人的な現実、感覚的現実、又は観念的現実の話をすることができますし、類似点や差異について話をすることもできます。しかし存在のどのレベルについての話であっても、最終的な分析をすれば、実は自分の信念の結果について話をしていることになります。

信念とは色つきレンズのようなもので、「存在するすべて」の中から自分が経験したいと思うものをふるいにかけて取り出します。

このミニコースは、あなたが信念と経験の関係を探究する役に立ちます。

ハリー・パルマーの「信念の管理」のミニコース をダウンロードする

 

連絡希望

アバター・マスターが教える真実に、名前は必要ありません。なぜなら、それは世俗的なものではなく、意識を分かち合おうとする愛に満ちた手本だからです。 – ハリー・パルマー

アバターマスターからの連絡を希望される方は、 このフォームを スターズエッジに送ってください。

 

avatar students hugging

アバター・タイムズにお友達を招待してあげましょう

この旅を分かち合いたいと思ったら、ぜひ  お友達に教えてあげてください